療護施設自治会全国ネットワーク 正式に発足
 
 12/10・11に東京都障害者総合スポーツセンターで「療護施設自治会全国ネットワーク第1回総会」が開かれ、療護自治会ネットとして正式に、活動が開始されました。 
 外出など厳しい規則のある中で、施設入居者がどのくらい集まるのか心配でしたが、総会前に行われた自治会ネットと職員ネットの交流会の参加者もあり、入居者・職員合わせて約100人が集まりました。北海道、青森、新潟、奈良、福岡などからの参加者もあり、関東近辺の施設入居者が集まれればよいと思っていた事務局は、少々全国の施設入居者のパワーを甘く見ていたのかもしれません。それだけ、地方の療護施設での生活は深刻で、このような集まりでもないと外出が困難なのだと思います。 
 頚髄損傷や脳性麻痺とか、障害別でしたら、たくさんの障害者団体があますが、このように施設入居者という「置かれた立場」での障害者団体は過去に例がない?とように思います。